TVCM(同じ内容のものが何度も流れると、不快になりますね)でもひんぱんに流れている育毛剤や養毛剤のCM。近年では、シャンプーやリンスにまで育毛効果がある物が売られるようにになっているんです。しかし、その効果を実感出来るのは、ごく一部の人たちだけです。多くの場合は、「薄毛解消」ではなく「薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)の進行を止める」ことが目的となっているのではないのでしょうか?いえ、当然、本当は効果を期待したいところになるのですが、実際には半分諦めつつ、それでもわらにもすがる思いで・・・といった方が多いことだと思います。実際、「ハゲの特効薬はない」と言うのが、これまでの一般常識でした。ところが、近年、割と効果のある薬があいついで認可されました。日本でも認可されて、病院でのみ処方されてる薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)の薬があるはずです。その名を聞けば、きっと誰でも「訳もなく耳にした事あるような」と思うのではないでしょうか?それは発毛効果が有ると認可されているプロペシアと育毛剤のロゲインです。後者は「あれ?」と思われた人が多いためは?お間違いのないよう、リゲインではなくてロゲインです。薬局などでは市販されていませんので、購入する事は出来ません。どちらも病院で処方してもらわなければ、入手することは出来ない薬です。現在、世界で認可されている薬はこの二種類だけようですよ。どういった方でも必ず発毛・育毛できるという訳では無いでしょうが、これまでの育毛剤などと比べたら格段の効果があるみたいですよー